>豆辞典
>ノーカーボン紙

●発色の仕組み

ボールペンの筆圧やドットプリンターの印字圧が加えられると、

紙ウラ面に塗布してあるマイクロカプセル(発色剤)が壊れて無色染料が、紙表面に塗布してある顕色剤と化学反応を起こして発色します。

 通常の事務作業では、ほとんど問題ありませんが
直射日光 ・溶剤 ・薬品 ・糊 ・蛍光ペン ・スタンプ・塩化ビニール等により、変色や褪色しますのでご注意下さい。

 従来のノーカーボン紙はプリンターやコピー機の内部ローラーを膨潤して痛める場合がある等、数々の問題点を持っており、不適切とされてきました。レーザープリンターで、ご利用の場合は、レーザープリンター対応ノーカーボン紙をご利用下さい。


★☆★ 無料待ち受け壁紙 ★☆★

 豆辞典TOP      お買い物は、トヨシコー.com

昭和43年創業
インターネット通販20年の実績ある会社です。
どうぞ、ご安心してご利用下さい。

株式会社 トヨシコー
資本金2250万円

代表取締役 原田伴彦
本社 大阪市城東区鴫野西 2-8-8
TEL06-6962-3268  FAX06-6962-3294

Copyright(C) TOYOSHIKO Co., Ltd